入院〜個室か大部屋か?

財団法人・こども未来財団の「子育てコストに関する調査研究」(03年3月)によると、分娩・入院費の平均は36万4618円だそうですが、昨年第二子出産の際、私の住んでいる地域の病院をいくつか調べた所ところ、やっぱり40万はかかってしまいますねぇ。出産ですし、通うのに時間のかかる病院は選べませんし、35万くらいの所もあるにはあるのですが、小児科で有名で良い病院なのですが、病室が

6〜8人部屋

なのです。病気で入院するのなら構わないのですが、
常に2〜3時間おきに起きる新生児との母子同室で6〜8人、、、。
一人泣き出したら、やっと寝かした子も起きる、恐ろしい、、、。
うちの長男は寝付かせるのが大変だった子で、深夜3時4時までふらふらとおんぶしたり、だっこしたり、本当に死にそうだった、、、。おっぱいあげて添い寝して、熟睡を確認して、そ〜っと離れないと起きちゃう子だったので、もし二人目もそんな子で大部屋だったら入院5日間、私が全く眠れない事を覚悟しなければならない、、、。
もちろん一人目の子でそんな目にあった私は当然個室である事を前提に病院を選びました。すぐ近くの個室の病院もあるのですが、個人的に好きでないのと母子別々で授乳時間だけ子どもの所に行く病院だったので、産んだ後、一緒にいたい派なので。人によりますよね?退院後はずっとつきっきりになっちゃうから産後5日くらい楽を満喫したい人とかね。
大部屋のメリットは同じ週の子どもを持つママたちと友達になれる事ですよね。

しかし、個室を選んで良かった事は、入院中仕事が入ってしまった事です、、、。
私は在宅で、ある会社のカタログや雑誌、新聞広告を作っているのですが、もちろん出産の時期は伝えて前倒しに雑誌の広告を仕上げていたのですが、陣痛室で仕事のメールが入り「入院してしまったので連絡は夕方になります」と返したら、「分かりました」との返事が、、、。普通はそういう時「なんとかします」とか言わないか???鬼だ、、、。
上の子出産の入院中にも、新聞広告の修正が入って旦那にノート持ってきてもらってデータだけ送ったという事があったので、(新聞広告は締め切りが短く余裕が無いのです。特に修正時は大至急)二人目の子のときもノートとウィルコムの通信カードは持ってきていたのですが、案の定。
個室でよかったと思いました。お昼に出産し、夕方には仕事してました。
更年期に辛いことになりそうです、、、。病院の先生もあきれてました。私もです。
在宅のメリットは子どもを預けずとも収入を得られる事ですが、デメリットは公私を分けるのが困難な事です、、、。仕事は好きでやってる事ですが、で、スローリッチスタイルを目指してるわけです。もっと自由な時間をもちながら収入を得る為に!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19677062


やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。