妊娠中毒症について

まず最初に、旧来より妊娠中毒症と呼ばれていた、この病名ですが、2005年4月より「妊娠高血圧症候群」(pregnancy induced hypertension;PIH)と改名されました。
改名の理由としては病態が明らかになり胎盤や体から、中毒症のものになる「原因毒」が存在するわけではないと言う事がその理由だとのこと。
もともと妊娠中毒症という名称は日本特有の表現で諸外国では用いられていないよう。
そして改名とともに定義も見直されています。
以前の定義は蛋白尿、あるいはむくみだけでも妊娠中毒症と診断されていましたが、新定義では高血圧を伴わない限りこの病気ではないということになりました。
<むくみ>
妊婦の3割と高い確率でむくみの症状が起こり、妊婦さんの生理現象だと考えられるようになりました。妊娠中毒症の重傷者でも全然むくまないひともたくさんいて、むくみと妊娠中毒症はすぐには結びつけるのは間違いのようです。
ですが、むくみと血管が密接な関係であり高血圧の原因のひとつと考えられていることからむくみは妊娠中毒症の早期発見のサインということでしょうか。

<蛋白尿>
生理現象で蛋白尿がでるということはなく、妊娠中毒症でなければ腎臓の病気が疑われる需要なサインです。高血圧との関係もむくみより密接で「子宮内胎児発育遅延=IUGR(胎児が十分に発育しない)」との関係が強く重症化のサインです。ただし、蛋白尿のみのケースは特に母子への悪影響が少ないことがわかっており、妊娠中毒症ではありません。あくまで新定義「妊娠に高血圧・蛋白尿・浮腫(むくみ)の1つもしくは2つ以上の症状がみられ、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないもの」であることが妊娠中毒症とされています。
そして尿中蛋白質量の正確な測定を新定義では、24時間の尿を貯めて量らなければならないとされてるため、「1+」程度のわずかな蛋白尿では、「中間尿をとること」「コップ半分以上の量をとること」のふたつに注意し、数時間あけて再検査すれば、ほとんどの場合正常値になるそうです。
妊娠中はおりものの蛋白質がすぐに混じってしまうのだそうです。

<高血圧>
今まで妊娠中毒症の症状とされてきた中で、重要なのは高血圧です。むくみはそれだけなら妊娠の生理的現象ですし、蛋白尿は、ひどくなっても腎臓病の人が妊娠したのと同程度のリスクに留まります。しかし高血圧がひどくなった場合は、母子ふたりが生命の危険にさらされます。
一番怖いのは母親の脳出血です。妊娠中毒症が壊してしまう内皮細胞は血管のしなやかさを調節してくれる働きがあり、それが進むと全身の血管を硬くしてしまうのです。昔から子癇として知られてきた妊婦の痙攣も、脳の血管障害が関わっているとわかってきました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20318150

痙攣
Excerpt: 痙攣痙攣(けいれん)とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作。痙攣のパターンは多種多様であるが、大きく全身性の場合と体の一部分である場合とに分ける事が出来る。痙攣を新規に発症した場合に..
Weblog: 症状で知っておきたい病の知識
Tracked: 2006-07-06 02:19


やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。