妊娠中毒症ー予防

まず高血圧やむくみの要因となる塩分の摂取量を、調理法を工夫するなどして1日7g以下に抑えましょう。
赤ちゃんの発育に欠かせないたんぱく質を多めにとることも大切です。タンパク尿が出ている場合などは特に気をつけてください。卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、脂肪分の少ない肉などを積極的にメニューに取り入れましょう。
また、肥満は高血圧につながりますから、体重が増え過ぎないよう低カロリーの食事を心掛けましょう。1日の摂取カロリーは1800キロカロリー以下がめやすです。たんぱく質をしっかりとる分、間食をやめる、脂っこい料理は控えるといった工夫をしてください。
食事の内容に気をつけるとともに、心身の休養も大切です。ストレスは血圧を上昇させるもとに、安静にしていると血圧も下がり赤ちゃんの発育に良い影響を与えます。

●こんな人は特に気をつけましょう
次にあてはまる人は妊娠中毒症にかかりやすいタイプです。日頃から十分に注意しましょう。
高血圧、糖尿病、腎臓病の持病、膠原病、または家族にこれらの病気がある人
・35歳以上の高年出産、15歳以下の若年出産の人
・初産の人や、前回の妊娠で妊娠中毒症になった人
・太りすぎの人
・妊娠中の体重増加の多い人
・睡眠不足やストレスがたまっている人
・多胎妊娠

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上はっぴーママより、
妊娠中毒症はなってしまったら出産を早めて妊娠を終わらせてしまう事が解決策だと聞いた事があります。妊娠そのものが症状の原因になっているからです。
なので妊娠中毒症にならない為の予防がとても大切です。
食事や妊娠の為の体づくりはもちろんですが、高血圧は遺伝する事が多く妊娠前に症状がなくとも妊娠をきっかけに発症する場合もあります。
私は普段から低血圧で妊娠期間中も上が100、下が60mmHg位だったのですが耳鳴りや耳がつまる感じがして2回の妊娠とも高血圧の進行のような状態で心配でした、、、。病院で先生に言ってみたのですが「いろんな妊婦さんがいるよね〜」って、何だそりゃな感じでした。自分で食事など気をつけていましたが。
ユニバーサルデザインのシチズンタマゴ型血圧計ユニバーサルデザインのシチズンタマゴ型血圧計
おすすめ度 :
単三電池4本で作動。約700回測定可能。7回分測定値記憶機能付きなので、1週間分のデータを比較することが出来ます。

☆☆塩加減を手軽にチェック !電子塩分計 しおみスプーン(防滴タイプ)☆☆☆☆塩加減を手軽にチェック !電子塩分計 しおみスプーン(防滴タイプ)☆☆
おすすめ度 :
コメント:スプーンタイプで簡単に塩分を測定。実際に数字で見ると食事が出来なくなりそうなくらいとってるんですよね、、、。

一生使える毎日の低脂肪低カロリー低塩分のおいしい献立
おすすめ度 :
コメント:塩分だけじゃなく、脂肪やカロリーも控えめにできる献立集。出産後もご愛用。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20324690


やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。