妊婦の歯周病

● 妊婦さんの歯周病は要注意:早産・低体重児出産のリスク
歯周病菌は単に歯を抜け落とすだけでなく、動脈硬化や心疾患に陥る危険性が高まる事を先日お話しましたが、今回は歯周病にかかっている妊婦さんが出産すると、早産になって低体重児を出産する危険が高まるという話題です。
これは、日本人を対象にした疫学調査でわかったもので、ライオン主催の健康セミナーで、北海道医療大学歯学部古市保志教授が報告したものです。
口中に歯周病菌が増え、免疫のバランスが崩れると、免疫を担当する細胞から血中にサイトカインという情報伝達物質が放出されます。このサイトカインが過剰に出ると炎症がおき、その結果歯肉や歯骨などの組織を破壊する酵素が出やすくなり、歯周病が進行するとされています。

ところで、出産の際にはサイトカイン濃度が高まり、妊婦さんの子宮筋が収縮する事が知られています。これが出産の引き金になるわけですが、もし妊婦さんが歯周病の場合には、正規の出産時期以前(妊娠37週未満)に血中サイトカイン濃度が高まるため、胎児が十分に成長していない状態で出産する早産につながる可能性があるとされています。

そこで研究では、実際に48名の正常出産された妊婦さんと、切迫早産の状態にあった妊婦さん40人を対象に出産状況を調べました。

その結果、正常妊娠の人に比べて、切迫早産で早産・低体重児を産んだ妊婦さんでは、歯周病菌の数は約4.5倍、血清中のサイトカイン量は約14倍多い事がわかったそうです。

この結果から、歯ぐきの状態やサイトカインの多さと、妊娠期間の長さには明らかに相関関係があり、妊婦さんは早めに歯周病であるかを調べる事が重要とされています。

また、妊娠9〜21週までの400人の妊婦を対象にしたチリで行われた臨床試験で、歯周病を治療した場合には、早産・低体重児の出産頻度が約5分の1に低下したという報告があるそうです。
従って、妊娠後でも歯周病を治療すれば、低体重児出産のリスクを減らす事が可能と考えられますので、妊娠が分かったら、是非歯周病の検査をなさってください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上Dr.ハセのくすりとサプリメントのお役立ち情報より
妊娠中はできるだけ病院にはかかりたくないと思いがちです。特に歯医者は歯石やら何やら長期でかかりつける事が多いので、特に妊婦の時は足が遠のきますよね。でも、赤ちゃんに関わることです。低体重児出産も早産も赤ちゃんに取って負わなくてもいいハンデを負わせかねません。妊婦だからこそ、かからなくてはならないお医者さんです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。