月5万円っていう数字が現実的で実行可能なノウハウだと思ったので
私も参加しました!初めて作るブログで出会えてよかった!

ジャガー横田さんのインタビュー

昨日アップした不妊症についてにchattyさんがコメントをくれました〜!ありがとうございます。

今日の記事はそれを受けてつながるブログ@ヒューマンでのジャガー横田さんの取材手帳からです。本当に感動しました。
格闘技苦手って女の人多いと思うけど、私も特別見ないので、女子プロの人はなんで戦うのかな〜って漠然と思っていたんですが、仕事にも人生にもすべてに前向きに戦ってるんですね。
今日、女性が社会で活躍する場があり結婚や出産のタイミングも自由に決められ、「適齢期」という年齢もその世代で曖昧ですが、女性のホルモンの活発な時期がある以上、高齢になればリスクも高くなっていきます。才能ある女性が思う様活躍できて、産んで育てることができれば一番なんですけどね。とにかくジャガー横田さん、体大事にして頂きたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
───「妊娠会見」以降、ホームページに400通の書き込みがありました。
横田さん すごい反応だったので、最初は「とにかく数がすごいなあ」という感覚だったんですよ。でも、内容を読ませていただいたら「懐妊のお祝いの言葉」以外に「私も同じ悩みを持っている、今現在戦っている。断念しようと思ったけれど、ジャガーさんの自然妊娠を聞いて、私もまた頑張ろうと思いました」という書き込みが、すごく多いんですね。それで改めて、こどもを産めないという悩みを抱えている方は本当に多いんだなと認識したんです。 なかには、若いころ結婚されてという方もいらっしゃたんで、私どころではないなと、本当に胸が痛くなって、本当に頑張っていただきたいなと、前向きに頑張っていただきたいなと、つくづく思いました。

───ジャガーさんと同じように「ずっと仕事を続けてきて、40代になってこどもが欲しくなった」という書き込みも多くありました。
横田さん そうですね。私の場合は40歳になるまで、結婚に対しても出産に対しても願望を持っていなかった。いずれは・・・っていうのはどこかにあったかもしれないですけど、正直、結婚はないな(笑)と思ってましたから。でも、主人と出会って、43歳になる前に結婚して「子供が欲しいね」という話を2人でしていて、もちろん出来るように努力したんですけれども、やっぱり出来ない状態だったものですから。これは「年齢的なものなのかな」と思ったんです。 それで、悠長にしていられる年じゃなかったので、病院に行ってみようかということでね、行ったんです。すると「子宮に筋腫がある」と言われ「え〜、なんで私が・・・」って・・・。体使った仕事をしているもんですから、年齢よりどこか若いみたいな気持ちが自分の中にあって、子供も簡単に出来ると思っていたんですよ。だけど医師から「筋腫をうまく取り除けば、妊娠の確率はゼロではないと。でも、わずか数パーセントですよ・・・・」と聞いたときには、すごくびっくりして、ショックで「エー」って。とにかく、すごくショックで、自分の年齢を、もう一度、改めて考えてしまったところがありましたね。
でもクヨクヨしてもしょうがないことだったので、主人と2人で話して、 「ゼロじゃないんだからと、1でも3でも5でも可能性があるんだったら、私に絶対できなくなるところまで頑張ろうよ」と、私たちはゼロになるまで戦おうと思いました。

───子宮筋腫の手術を乗り越えて挑んだ体外受精。そこにも大きな壁がありました。
横田さん 体外受精を一回したときに、すごく順調で先生に褒めて頂いて、3つくらい戻したんです。そのときに、「これで大丈夫だな」と自分で思っていたものですから。 うまく着床しきれなくて、育たなかったときには本当に「エッ」て。すごくいい条件で受精卵が私のお腹に戻ったのに、育たなかったのは、やはり、私が悪いからなのかなって。また数ヵ月後には2度目を挑戦するけれども、月々、私は歳をとっていくから、こんないい条件で戻しても駄目なのに、また、歳を重ねてしまうわけで、2回目が、また期待もてるんだろうかと。後ろ向きになってしまいました。
主人の子供をちゃんと身籠ってあげられるんだろうかと考えたときに、 「えっ、無理かもな」と頭によぎっちゃって・・・。本当に涙が出て、本当にこの人に申し訳ないなと。それが、辛かったですね。すごく彼が望んでいたものですから。 だけど、主人に「ごめんね」というメールを入れたときに、主人は、 「これは、2人で戦っていくことなんだよと。なんで謝るの・・・って。ゼロじゃないんだから、また頑張ろうよと、2人で戦っていこうよと」とメールを返してくれたんです。 基本的には私の体ですけれども、主人のお陰で気持ちはすごく楽にさせてもらえたんです。彼の言葉で。本当に一人では戦えないことだと、すごく実感しています。

───書き込みに「勇気をもらった」という言葉が多かったですね。
横田さん 私より、皆さんのほうが苦労されているのに「頑張ろう」と言ってくれて・・・。だから、私も頑張ろうと強く思えるんです。私もまだ戦いの途中じゃないですか、本当に世に出てきてみないと分からないことで、まだ自覚症状があるわけでもないので。まだ、お腹蹴られるわけでもないですから。不安はあるんです、今でも。 でも今回、自分も他の方と体験を交換をすることによって、お互いが励ましあえるということを実感しました。皆さんの経験を聞いて、参考にさせていただいて、励ましていただいて、本当に、うれしいんです。

───実際に書き込んでいる人たちに直接会えるとしたら、どんな言葉をかけたいですか?
横田さん 「あなたも大丈夫だから、頑張って」という言葉は、絶対に言えないなあって。 すごく簡単に聞こえますよね、それは。今まで頑張っている人たちに「頑張って」とは言えない・・・。だから、私は私のことをとにかく言うしかないんです。私もそうですが、チャレンジということに対して、歳をとるとともに、年々、臆病になっていきますよね。でも「何歳だから」とか、そういうことが私は一番嫌いな言葉で、そんなことを言っていたら何も前に進まないと思うんですよね。 やっぱり自分がチャレンジできることというのは、仕事でも趣味でも絶対するべきだと思っていますので。今回も不妊とか、そういったことも、私は全然恥ずかしいことだと思ってないんです。それは現実、仕方が無いことであって、恥ずかしいことだとは絶対思わないんですよね、「頑張っているんだ」と、胸を張って言いたいじゃないですか。とにかく、自分の気持ちというものが、何より大切だと思いますので。前向きにチャレンジ精神を持って。 でも、女性は今みんな強くなってますからね。あなた(男・30歳・独身ディレクター)の比じゃないくらいね。前向きに戦っていっていただければ、結果がどうあれ、良い方にこしたことはないけれど、絶対満足がいくものになっていくと思うんですよ。

───自分を信じようと?
横田さん 自分のこれまでの人生で選択してきたことを否定したくないじゃないですか。この年までリングにあがってきたことを誇りに思うし、そのことで子供が産めないとは絶対に思いたくなかった。後悔の無い人生ってないんですけれど、私は、人にはマイナスと思えることも丸ごと大切にしたい。主人とも「後で後悔したくないよね」と。「無理なんだから辞めとこうよ」ではなくて、限りない挑戦をしていきたいと。他は正反対なんですけれども、そこの部分だけが、同じ考え方でした。諦めたら前には進めないので、諦めない気持ちを持ち続けることが何より大切だと思っています。

二人目不妊

妊娠と出産に関して、なかなか自分の予定通りにいかないものですよね。
避妊しないエッチ=妊娠、見たいな図が勝手にあって、実際上の子は結婚式の翌日、
ハネムーン先のハワイで作ってきたみたいで二人目がなかなか出来ないなんて
考えてもいませんでした。
一人目がいるんだから自分が不妊症かなんて考えもしませんでしたし。
そして一年近くたって「二人目不妊」という言葉に出会ったのでした。
26の結婚した当時は「上が男の子で年子で次は女の子を産もう」とか計画していたのですが、
なかなか思うようには行かないものです。これ迄の避妊は何だったのかと思いました。
、、、失言でした、避妊は大切ですよね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらはgooベビーに連載されている 高橋ウイメンズクリニック 高橋敬一先生の小児科・産婦人科医のリレーエッセイ「今日も診察日和」より引用させて頂きました。
何事も、早めの相談と受診が大切なんですね。

 「性交渉をひんぱんにすると、精子が薄くなり妊娠しにくくなる」は誤解!

「二人目不妊」というのは文字どおり、二人目の子が欲しいと思っているけれど、なかなかできないで悩んでいる状態のこと。一人目のお子さまはスムーズに授かっていることが多いので、「まさか自分が不妊症なんていうことはないだろう」と思うのでしょう。なかなか婦人科を受診する気にもなれず、「そのうち……」と思っているうちに月日がたってしまうということが多いようです。

一人目はすぐに妊娠したのに、二人目はなかなかできない「二人目不妊」二人目不妊の原因としてあります。「子どもがいるから、なかなか性交渉を持つチャンスがない」などの患者さんの声をよく耳にします。でも、性交渉の数は多ければ多いほど妊娠しやすいのです。これは一人目でも二人目でも同じ! みなさんよく「性交渉をひんぱんにすると、精子が薄くなり妊娠しにくくなる」と誤解なさっているようですね。ところがそれは全く逆! 明らかな不妊原因がない場合でも、週に1回未満の性交渉では半年以内に妊娠する確率はわずか17%です。しかし、週4回以上性交渉を持った場合、その妊娠率は83%にもアップします。つまり性交渉の回数が多いほど妊娠する確率も高まるのです。「禁欲期間が長ければ精子の濃度が高くなって妊娠しやすくなる」というのも間違い。何週間も性交渉の間隔をあけると、むしろ精子の状態が悪くなることがあるんですよ。
ですから一人目のお子さまを無事出産なさったあと、二人目のお子さまを欲しいと思ったら排卵期以外は最低週に1回、排卵時期には1日おき(毎日でもOK)に性交渉を持つとよいでしょう。日本では正常な夫婦生活を営んで2年間妊娠しない場合を不妊症といいますが、アメリカでは1年で不妊症と定義されます。実は1年と2年の間の妊娠率の差はあまりないので(1年間で妊娠する人は約80%、2年間で90%)、一人目でも二人目でも子どもが欲しいなと思って1年間がんばってみて、授からなかったら一度婦人科を受診しておくとよいと思います。というのも、年齢が上がれば上がるほど妊娠はしにくくなるので、不妊治療をスタートするなら早めのほうがよいからです。

不妊治療というとすぐに「体外受精」「たくさんの検査」「何かコワイ治療をされるんじゃないか」なんて思って、気後れしてしまうようですが、不妊の原因もさまざまならば治療もさまざま。治療はご本人たちの意思を尊重して行うのが基本なので、不妊治療を不必要にこわがらないでほしいですね。
「二人目をなかなか妊娠しないのは自分のせいかしら」と悩んだり、周りの「一人っ子じゃかわいそうよ」なんていう言葉にプレッシャーを感じてクヨクヨしたりする前に、一度不妊症の治療を行っている専門クリニックをたずねてみてください。

不妊症について

「不妊症って何?」
 不妊症とは通常、子どもを望む夫婦が二年間妊娠しない場合を指します。子どもが欲しいと願いながらも恵まれないカップルは、七組に一組ともいわれており、その不妊の原因は、決して女性側だけの問題ではありません。女性側の場合だと、子宮内膜症や習慣性流産、不育症、着床障害、排卵障害・卵管障害・子宮障害など、男性側の場合だと造精障害や機能不全などが原因とされていますが、近年は、さまざまな社会環境やストレスにより、原因を特定できない「原因不明不妊」の割合も意外に多く、メンタルな問題も含まれている場合があります。原因は決してひとつではありません。一人で悩まず、パートナーとお互いに理解することが必要です。
「もしかしてわたし不妊症?」
不妊症と言われているものには、自覚症状がない分、悩みますよね。
お腹が痛いとか頭が痛いとかいう類のものではないからなかなか病院にもいかないし、あまりおおやけには話しにくいという感じがします。
社会からも家族からも孤立し、絶えず治療に伴う不安と闘い、期待と不安と失望を繰り返している女性姿が浮かびます。
女性としての無能さや自分自身を責めてしまう人も多いでしょう。妊娠しないことはすべて自分のせいだと責め、メンタル的にもまいってしまいます。でも、不妊は一人のせいではありません。原因を究明する、自分のコンディションを知る、そしてパートナーと話をして、そして解決方法を前向きに捉える、ポジティブに立ち向かっていく必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、お世話になりました「prepremama.net(妊娠したいネット)」さんから
不妊症について引用させて頂きました。
最近ではもう1年間妊娠できなければ「不妊症」とする所もあるそうです。
それだけ早期の治療が大切だと言う事でしょう、(病気ってなんでもそうだと思いますが)
治療にかかる時間はもとより、不妊期間が半年であれ、1年であれ、心にかかる負担は永遠とも思われる時間です、、、。
先日、中学からの仲のいい友達が産婦人科で無排卵だと言われ相当ヘコんでいました。
ホントに痛いくらい気持ち分かります、、、。
わたしが不妊期間も「このまま妊娠できなかったら上の子の子どもチャレンジ、ポケットは止めよう」とか思っていました。ポケットでしまじろうのお母さんが妊娠して「赤ちゃんが産まれるんだよ〜」の話があるので、とてもお話を読んであげられないと思っていましたから。
無排卵は普通に生理があって妊娠する人でも排卵の無い月もあると聞いた事があるので、
その子にも早く赤ちゃんができるように願っています。

やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。