月5万円っていう数字が現実的で実行可能なノウハウだと思ったので
私も参加しました!初めて作るブログで出会えてよかった!

妊娠中毒症等医療費助成

妊娠中毒症等医療費助成

制度は、市町村区によってことなるため、給付のついては要問い合わせ
<対象者>
下記の病気にかかっている方で、医療機関に入院して治療を受ける必要があり、次のいずれかに該当する方が対象です。
1 前年分の所得税額が30,000円以下の世帯に属する方
2 1以外の方で、入院見込み期間が26日以上の方
<対象となる病気>
妊娠により入院医療を必要とする次の疾病およびその続発症が対象です。症状により、対象とならない場合もあります。
1)妊娠中毒症
2)糖尿病
3)貧血
4)産科出血
5)心疾患
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妊娠中毒症等、妊娠中の病気について助成を受けられる場合があります。対象の条件や対象となる病気は上記の通りです。昨年の妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群への改名を受けてホームページ等ではこちらの病名で助成への問い合わせとなっている場合もあります。

妊娠性歯肉炎

妊娠すると歯が悪くなると言われていますが、お腹の赤ちゃんに母親のカルシウムがとられるからではないのです!
その原因としては...
@ホルモンのバランスで唾液が粘り食べかすが残りやすいから。
A唾液が酸性に傾き、口の中の細菌が増えやすいから。
B食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
Cつわりなどで、歯磨きがしたくなくなるから。

妊娠性歯肉炎
妊娠中はホルモン(エストロゲンやプロゲステロンなど)の分泌が盛んになります。このホルモンを好む細菌が増えることにより、歯肉炎になりやすくなります。そのため、妊娠5〜20週頃から歯肉が腫れたり、出血する事があります。しかし、必ずしも歯肉炎になるとは限らず、日頃からの歯磨きをしっかり行えば歯肉炎を防ぐ事は可能です。出産後、ホルモンのバランスが落ち着くと治りますが、そのままお口の中を不潔にしておくと、歯周病へと進行して行きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、金沢医科大学病院、口腔衛生技術部の部屋ホームページより
妊娠中は本当に口の中の唾液の味が変わって、つわりが原因である以外にも食べ物の好みが変わりました。特にお茶やコーヒーなどのカフェインなどが私はダメで、毎日紅茶を飲んでいたのが嘘みたいに飲めなくなりました。カフェインは控えなければならないので結果オーライなのですが。
紅茶シガールなど大好きだった紅茶のお菓子も、変な味に感じて悲しかったです。
母親学級の時の歯科検診で歯茎から血が出やすくなったと相談したところ、歯磨きの仕方を教わりました。歯周病や歯肉炎、歯茎のトラブルなど、注意されて歯医者へかかりなさいといわれるかな〜と覚悟していたのですが、なんと歯磨きの仕方を言われた通りにしただけでおさまりました。
専門家さすが〜と思いました。信頼のおける行きつけの歯医者さんを見つけとくのが良いんでしょうね。

妊婦の歯周病

● 妊婦さんの歯周病は要注意:早産・低体重児出産のリスク
歯周病菌は単に歯を抜け落とすだけでなく、動脈硬化や心疾患に陥る危険性が高まる事を先日お話しましたが、今回は歯周病にかかっている妊婦さんが出産すると、早産になって低体重児を出産する危険が高まるという話題です。
これは、日本人を対象にした疫学調査でわかったもので、ライオン主催の健康セミナーで、北海道医療大学歯学部古市保志教授が報告したものです。
口中に歯周病菌が増え、免疫のバランスが崩れると、免疫を担当する細胞から血中にサイトカインという情報伝達物質が放出されます。このサイトカインが過剰に出ると炎症がおき、その結果歯肉や歯骨などの組織を破壊する酵素が出やすくなり、歯周病が進行するとされています。

ところで、出産の際にはサイトカイン濃度が高まり、妊婦さんの子宮筋が収縮する事が知られています。これが出産の引き金になるわけですが、もし妊婦さんが歯周病の場合には、正規の出産時期以前(妊娠37週未満)に血中サイトカイン濃度が高まるため、胎児が十分に成長していない状態で出産する早産につながる可能性があるとされています。

そこで研究では、実際に48名の正常出産された妊婦さんと、切迫早産の状態にあった妊婦さん40人を対象に出産状況を調べました。

その結果、正常妊娠の人に比べて、切迫早産で早産・低体重児を産んだ妊婦さんでは、歯周病菌の数は約4.5倍、血清中のサイトカイン量は約14倍多い事がわかったそうです。

この結果から、歯ぐきの状態やサイトカインの多さと、妊娠期間の長さには明らかに相関関係があり、妊婦さんは早めに歯周病であるかを調べる事が重要とされています。

また、妊娠9〜21週までの400人の妊婦を対象にしたチリで行われた臨床試験で、歯周病を治療した場合には、早産・低体重児の出産頻度が約5分の1に低下したという報告があるそうです。
従って、妊娠後でも歯周病を治療すれば、低体重児出産のリスクを減らす事が可能と考えられますので、妊娠が分かったら、是非歯周病の検査をなさってください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上Dr.ハセのくすりとサプリメントのお役立ち情報より
妊娠中はできるだけ病院にはかかりたくないと思いがちです。特に歯医者は歯石やら何やら長期でかかりつける事が多いので、特に妊婦の時は足が遠のきますよね。でも、赤ちゃんに関わることです。低体重児出産も早産も赤ちゃんに取って負わなくてもいいハンデを負わせかねません。妊婦だからこそ、かからなくてはならないお医者さんです。

妊娠中毒症ー予防

まず高血圧やむくみの要因となる塩分の摂取量を、調理法を工夫するなどして1日7g以下に抑えましょう。
赤ちゃんの発育に欠かせないたんぱく質を多めにとることも大切です。タンパク尿が出ている場合などは特に気をつけてください。卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、脂肪分の少ない肉などを積極的にメニューに取り入れましょう。
また、肥満は高血圧につながりますから、体重が増え過ぎないよう低カロリーの食事を心掛けましょう。1日の摂取カロリーは1800キロカロリー以下がめやすです。たんぱく質をしっかりとる分、間食をやめる、脂っこい料理は控えるといった工夫をしてください。
食事の内容に気をつけるとともに、心身の休養も大切です。ストレスは血圧を上昇させるもとに、安静にしていると血圧も下がり赤ちゃんの発育に良い影響を与えます。

●こんな人は特に気をつけましょう
次にあてはまる人は妊娠中毒症にかかりやすいタイプです。日頃から十分に注意しましょう。
高血圧、糖尿病、腎臓病の持病、膠原病、または家族にこれらの病気がある人
・35歳以上の高年出産、15歳以下の若年出産の人
・初産の人や、前回の妊娠で妊娠中毒症になった人
・太りすぎの人
・妊娠中の体重増加の多い人
・睡眠不足やストレスがたまっている人
・多胎妊娠

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上はっぴーママより、
妊娠中毒症はなってしまったら出産を早めて妊娠を終わらせてしまう事が解決策だと聞いた事があります。妊娠そのものが症状の原因になっているからです。
なので妊娠中毒症にならない為の予防がとても大切です。
食事や妊娠の為の体づくりはもちろんですが、高血圧は遺伝する事が多く妊娠前に症状がなくとも妊娠をきっかけに発症する場合もあります。
私は普段から低血圧で妊娠期間中も上が100、下が60mmHg位だったのですが耳鳴りや耳がつまる感じがして2回の妊娠とも高血圧の進行のような状態で心配でした、、、。病院で先生に言ってみたのですが「いろんな妊婦さんがいるよね〜」って、何だそりゃな感じでした。自分で食事など気をつけていましたが。
ユニバーサルデザインのシチズンタマゴ型血圧計ユニバーサルデザインのシチズンタマゴ型血圧計
おすすめ度 :
単三電池4本で作動。約700回測定可能。7回分測定値記憶機能付きなので、1週間分のデータを比較することが出来ます。

☆☆塩加減を手軽にチェック !電子塩分計 しおみスプーン(防滴タイプ)☆☆☆☆塩加減を手軽にチェック !電子塩分計 しおみスプーン(防滴タイプ)☆☆
おすすめ度 :
コメント:スプーンタイプで簡単に塩分を測定。実際に数字で見ると食事が出来なくなりそうなくらいとってるんですよね、、、。

一生使える毎日の低脂肪低カロリー低塩分のおいしい献立
おすすめ度 :
コメント:塩分だけじゃなく、脂肪やカロリーも控えめにできる献立集。出産後もご愛用。

妊娠中毒症について

まず最初に、旧来より妊娠中毒症と呼ばれていた、この病名ですが、2005年4月より「妊娠高血圧症候群」(pregnancy induced hypertension;PIH)と改名されました。
改名の理由としては病態が明らかになり胎盤や体から、中毒症のものになる「原因毒」が存在するわけではないと言う事がその理由だとのこと。
もともと妊娠中毒症という名称は日本特有の表現で諸外国では用いられていないよう。
そして改名とともに定義も見直されています。
以前の定義は蛋白尿、あるいはむくみだけでも妊娠中毒症と診断されていましたが、新定義では高血圧を伴わない限りこの病気ではないということになりました。
<むくみ>
妊婦の3割と高い確率でむくみの症状が起こり、妊婦さんの生理現象だと考えられるようになりました。妊娠中毒症の重傷者でも全然むくまないひともたくさんいて、むくみと妊娠中毒症はすぐには結びつけるのは間違いのようです。
ですが、むくみと血管が密接な関係であり高血圧の原因のひとつと考えられていることからむくみは妊娠中毒症の早期発見のサインということでしょうか。

<蛋白尿>
生理現象で蛋白尿がでるということはなく、妊娠中毒症でなければ腎臓の病気が疑われる需要なサインです。高血圧との関係もむくみより密接で「子宮内胎児発育遅延=IUGR(胎児が十分に発育しない)」との関係が強く重症化のサインです。ただし、蛋白尿のみのケースは特に母子への悪影響が少ないことがわかっており、妊娠中毒症ではありません。あくまで新定義「妊娠に高血圧・蛋白尿・浮腫(むくみ)の1つもしくは2つ以上の症状がみられ、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないもの」であることが妊娠中毒症とされています。
そして尿中蛋白質量の正確な測定を新定義では、24時間の尿を貯めて量らなければならないとされてるため、「1+」程度のわずかな蛋白尿では、「中間尿をとること」「コップ半分以上の量をとること」のふたつに注意し、数時間あけて再検査すれば、ほとんどの場合正常値になるそうです。
妊娠中はおりものの蛋白質がすぐに混じってしまうのだそうです。

<高血圧>
今まで妊娠中毒症の症状とされてきた中で、重要なのは高血圧です。むくみはそれだけなら妊娠の生理的現象ですし、蛋白尿は、ひどくなっても腎臓病の人が妊娠したのと同程度のリスクに留まります。しかし高血圧がひどくなった場合は、母子ふたりが生命の危険にさらされます。
一番怖いのは母親の脳出血です。妊娠中毒症が壊してしまう内皮細胞は血管のしなやかさを調節してくれる働きがあり、それが進むと全身の血管を硬くしてしまうのです。昔から子癇として知られてきた妊婦の痙攣も、脳の血管障害が関わっているとわかってきました。

やっぱり便利!↑資料請求できます。
ベビーカーのバスケットが自分のお買い物の為につかえます!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。